振込キャッシングというモビットの借入方法

Posted on

消費者金融では振込キャッシングという借入方法がメジャーになりました。
モビットでも振込キャッシングは行われており、WEB完済でカードレスのキャッシングをしていれば借入方法は振込キャッシングのみとなります。

振込キャッシングとは、借り入れる金額をATMから引き出すのではなく、自分の銀行口座に振り込みをしてもらうという方法です。
現金として引き出すためにはその口座から引き出しをしますが、口座に残高が必要な借り入れの時には便利に使うことができます。
インターネット社会の現代では、支払いは振り込みということも多いでしょう。
公共料金の引き落としや家賃の支払いなど、今の私たちは口座間でのやり取りだけで金銭を解決していることは多いものです。

モビットでは振込キャッシングを行うために三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必要になります。
振込キャッシングは14時50分までに手続きを行うと当日中に振り込みが実施されますがそれ以降の時間になると翌営業日に振り込みがされますので急ぎの時には気をつけなくてはなりません。

大手消費者金融では借り入れの方法が振込キャッシングのほかATMも利用ができるなどさまざまな方法がつかわれていますが、モビットではWEB完結の時にはカードレスになるためATMの利用ができません。
振込キャッシング専用になることは覚えておきましょう。
しかしモビット増額審査を頻繁に繰り返さないためにもあえて簡単ではない方法を選択するのも多重債務が社会問題になっている今ならアリなのかもしれません。

年収70万円、アコムで借りることができるか

Posted on

年収70万円と言えば月に6万円弱の給料です。
これではアコムなどの消費者金融から借り入れができないだろうと考えるかもしれませんがそんなことはありません。
現在の勤務先で働いている期間が長ければ「安定した収入」として判断されますので借り入れは可能となります。

しかし限度額は高くはありません。
例えアコムにどれほどの温情があったとしても総量規制がありますのでその範囲以上の借り入れはできません。
総量規制で決められている貸し付け可能範囲というのは年収の3分の1です。
そのため最大限借り入れることができたとしても23万円となります。
そうはいっても最初からこの23万円を借りることはできず、返済を確実に行う実績を持って初めて借入金額があがる可能性が出てくるものであり実際には10万円ほどがアコム限度額となるでしょう。

返済できる金額としては限度額10万円は妥当ではないかとも考えられます。
収入が6万円で毎月どのくらいの金額を返済に回すことができるでしょうか。
アコム限度額いっぱいの10万円を借り入れたとすれば、1年で完済するためには月に1万円を支払っていかなくてはなりません。
それでは収入に対して金額が大きいというのであればひと月の返済額が5、000円でしたらどうでしょうか。
しかしこれでは返済回数は25回にもなりおよそ2年の月日がかかることになります。
返済できる金額がいくらでも、それに応じて返済期間が長くなることは知っておかなくてはなりません。

無利息の即日カードローンを展開している消費者金融も多いです

Posted on

最近では、無利息の即日カードローンを展開している消費者金融も多いです。もちろん、ずっと利息がかからないというわけではなく、初回に限り一定期間、無利息としています。多くが30日間という日数に設定されています。そのため、お金が後で入るというあてがあるのであれば、実質的に負担なく即日カードローンが利用できることになります。
このような無利息での即日カードローンを取り入れている理由は、利用者の拡大を図るためです。利用者にとっては、他のサービスよりも優れていればそちらを選びたくなります。そして、カードローン借り換えの場合には、一度契約しても解約しない限り何度でも使用することができます。そのため、そこで囲い込んだ人が最初は利息を支払わずに完済したとしても、後で利用する際に利息を支払ってもらうことができます。これは、長期的な目で見れば消費者金融業者にプラスに働きます。
以上のような理由から、取り入れている業者は多くなっています。注意点としては、次月以降は普通にかかってくるため、利息を支払わずに返済してしまいたいというのであれば、期日までに支払いをしてしまう必要があるという点です。また、初回のみであるため、すでに会員となっている人は利用できない点も注意しておきましょう。
上手に使用すれば、利息がかからない即日カードローンは利用者にとってプラスの作用をもたらしますので、利用する消費者金融を選ぶのであれば、このようなところを選ぶと良いでしょう。

優良な消費者金融会社の見分け方

Posted on

消費者金融会社とは、お金の貸付を行う貸金専業業者のことです。消費者金融会社は貸金業法に従い運営をすることになっていますが、中には法律に従わない所謂、闇金業者という悪質な業者も存在しています。消費者金融と闇金は全く異なる貸金業者ですが、混合されがちで、消費者金融の中に含んで考えられている現状があるので注意しなくてはなりません。
正規の消費者金融会社は運営に当たり完全登録制になっています。複数の都道府県に営業所がある大手消費者金融は財務局へ、単独の都道府県に営業所がある中小消費者金融は各都道府県に届け出を出しています。
登録の有無は各消費者金融の公式ページなどで確認でき、「○○財務局長(○○)第○○○号」「「○○知事(○○)第○○○号」と記載されています。カッコ内の数字は3年毎に更新される営業年数です。例えば(10)の場合は更新回数10回となるので、3年毎の更新を考えると営業年数は30年ということになり、数字が大きいほど営業年数が長く信頼できる業者と判断できるでしょう。ただ、闇金業者の中には登録番号を偽装していることもあるので、金融庁のホームページから登録貸金業者情報検索サービスを利用して違法業者かどうかを判断してみてください。
正規消費者金融と違法消費者金融の見分け方はいくつかありますが、いずれにしても名の知れている大手消費者金融会社なら確実であり、違法性はないので安心して利用できるでしょう。